浴室リフォームで今までよりも楽しくリラックス出来る空間にしよう

バスルーム

高齢化に備えて最適な浴室リフォームを考えたい

浴室

浴室を長く使っていて劣化してきて汚れも目立ってきました。浴室リフォームを考えていますが、自分たちもそのうち高齢者になってきますので、いろいろ今から考えておかなければならないことがあると思っています。
何より一番大事なのは、安全であることです。そんなに最新のいろんな機能は必ずしも必要ではありません。タイルが濡れていてもすべりにくいこと、浴室や浴槽への出入りのために、手すりが使いやすい位置にあることなどは必須条件です。
それに清潔さを維持できることが重要ですね。黄ばんでいたり、水垢が溜まっているようでは、お風呂でやすらぐどころか、却って病気になりかねません。浴槽も床も壁も、汚れにくい素材で、かつ汚れても落ちやすく、清掃性に優れたものであってほしいです。年老いた体では、日常の手入れに大きな負担はかけられません。
最後にやはりゆったりとくつろげる広さですね。浴室内の保温も大事ですね。温度差が大きくて湯から出たとたんに寒さに震えるようでは、倒れてしまうかも知れません。
そして実際に頼むとなると、やはり出来上りがきちんとイメージできて細かいところに気を配ってくれる浴室リフォーム業者さんでないと困ります。浴室リフォームは費用はもちろん安いにこしたことはないのですが、信頼できる業者さんをどうやって選ぶのか、それがこれからの課題ですね。

Update Contents

2016/04/05
浴室のリフォームをしましたを更新しました。
2016/04/05
高齢者、障害者介助に配慮した浴室リフォームを更新しました。
2016/04/05
従来工法とユニットバスの違いについてを更新しました。
2016/04/05
高齢化に備えて最適な浴室リフォームを考えたいを更新しました。